生理周期|生理日予測
【生理周期】
生理周期とは、生理開始日を1日目として、
次の生理が開始する前日までの日数をいいます。
生理は、思春期に始まり(初潮)
個人差は有りますが、閉経時期までの間におよそ28日周期で起こり、
通常3~7日間続きます(正常生理周期:25~38日)
又、生理が始まってからおよそ14日目に「排卵」が起こります。

生理が終わってから排卵までの期間を「卵胞期」
その後の生理開始までの期間を「黄体期」
そして生理開始から終了までの期間を「月経期」と言います。
このサイクルが一般的に「生理周期」と言われています。

■各周期の特徴

【卵胞期】らんぽうき
生理周期の前半です。
基礎体温は低温期に入ります。
卵巣で、数個~数十個の卵胞が成長しますが、
そのうち1個だけが成熟し、残りの卵胞は退化します。
子宮では、卵胞から分泌されるエストロゲンの
作用によって子宮内膜が増殖して厚くなります。
卵胞が成熟すると、エストロゲンの分泌が急増し、
下垂体から黄体形成ホルモンが放出されることにより、
卵胞の壁が破れ、卵子が排出されます(排卵)。
排卵後、卵胞は黄体に変化します。
エストロゲンが多く分泌され、
体調が最も良好で
ダイエットに適した時期です。

【黄体期】おうたいき
生理周期の後半です。
基礎体温は高温期に入ります。
卵巣では、卵子を放出した後の卵胞が黄体に変化します。
子宮では、黄体から分泌されるプロゲステロンやエストロゲンの作用によって、
子宮内膜が厚みを増し、粘液を分泌して受精卵が着床できる状態になります。
妊娠が成立しなかった場合、黄体は萎縮し、
黄体ホルモンの分泌が低下することにより、
子宮内膜の機能層が剥離して出血します(月経・生理)。
黄体期の前半は、黄体ホルモンが体脂肪を減少させる働きを持つ為
ダイエットに適した時期です。
黄体期の後半より、黄体ホルモンの減少に伴い
体は自然とエネルギーや水分を排出せずに溜め込もうとします。
ダイエットには不向きな時期となります。

【月経期】げっけいき
生理周期の黄体期に受精卵が着床しなかった場合、
子宮内膜が剥離し、排出される時期です。
黄体が萎縮し、黄体ホルモンの分泌が低下することにより、
子宮内膜の機能層が剥離して、血液とともに子宮口から排出されます。
エストロゲンが低下しているので
免疫力や新陳代謝が低下し体調もすぐれません。
ダイエットには不向きな時期となります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

レグタウン

人気順通販モール

ディアサロ

生理日予測無料|QRイメージ